アメリカ就活のためのアレコレと、おすすめ人材紹介サービス

アメリカで働ける企業、様々あります。

日本の会社

americaperson
大手はもとより日本の中小企業でも今やグローバルな会社が増えました。アメリカに積極的に進出したり支社、支店を置く会社が多いです。

日本で就活をして、そこからアメリカ勤務になるケースもありますし、最初からアメリカに駐在して欲しい人材を募集した求人も見られます。

米系の会社

americajin
逆に日本に入ってきた米系企業もたくさんあります。「外資系企業」といってイメージするような企業ですね。

こちらも日本で就活をして本国のアメリカへ、というケースもありますが、概ね日本国内で働く人材を募集していますので、こちらはあまり該当しないかもしれません。

在アメリカの日系企業

nikkei
日本の会社が出資した企業や、グループ会社が該当です。アメリカに籍があるため現地で人材を募集しています。

日系企業はどうしても日本人を採用せざるを得ない状況がありますので、その枠を狙って就活すればアメリカで働く事も可能です。

場合によっては日本で選考・面接をしてくれる事もあり、チャンスがあります。

アメリカの米国企業

americaperson
完全にアメリカ国内で働きたい、生活したい、移住したいという方です。ビザの関係で就職は年々難しくなっていますが、語学堪能なことと、専門の技術スキルや大学卒が認められれば可能性は無くはありません。

アメリカ国内でビジネスマンとして1人でやっていけるだけのリーダーやエグゼクティブな人材なら日本から渡航してアメリカ就活する価値がありますね。

それぞれどのようにアメリカ就活をするか、まずは人材紹介サービスに登録して該当する求人を探す事からスタートです。

wkb
この時点でもし社会人経験が無い方は日本国内でも3年程度の社会人経験を積むのが先です。また若手なら留学渡米してインターン制度を活用する手もあります。

アメリカ滞在が未経験な方はまず旅行でもよいので1週間程度の経験をしたほうが良いです。渡航して初めてわかる事も多いですかららね。

人材紹介サービスを列記

ケース① 日本の会社への就活と渡米(駐在)

先ほど紹介したアメリカに支社を持つ日本の会社への就活です。国内で就職して駐在員として渡米する人材です。

そのようなケースでの就活を希望する方におすすめなのは「リクルートエージェント」に「パソナキャリア」が可能性高いです。

駐在員募集は大手企業が殆どを占めます。大手とパイプが太く、グローバル人材を集中的に支援してくれるのがこの2社といえます。

▼リクルートエージェント
america-syukatsu-no1

▼パソナキャリア
america-syukatsu-no2

日本企業のグローバル化のお手伝いがしたい方、数年程度のアメリカでの経験を積みたい方、大手を狙いたい方、豊富な手当・待遇・給料が魅力な方等におすすめです。

ケース② 米系の会社への就活

日本に入ってきたアメリカ系外資企業への就職を目指す方は、日本国内で使える外資・グローバル専門の人材紹介サービスを利用すると良いです。

ただしアメリカ勤務となるかは募集要項次第で、期待はできないかもしれません。将来的に本社アメリカへ、という可能性でもよければ登録してみましょう。

ケース③ 在アメリカの日系企業&アメリカ企業へ就活

完全にアメリカが好きで移住を目的としている方や、将来に渡って英語圏での仕事とキャリアを考えている方向けです。

日本人が使いやすいサービスとして4つ列記してみます。

・パソナUSA
・パソナグローバル
・WORK USA
・クイックUSA

「パソナUSA」、「パソナグローバル」、「WORK USA」*** この3つはアメリカ在住だけでなく、現在日本に住んでいてアメリカ就活したい方も対象です。

「クイックUSA」*** こちらは現地アメリカ在住者や留学生を対象としています。

パソナグループは昔から人材紹介サービス業を提供しているので海外就職のノウハウはかなりのものです。

パソナUSA
パソナUSAはアメリカ並びにカナダでのパートの他、正社員の求人も扱っています。アメリカから逆に日本への就活もお世話してくれるサービスです。大卒以上、新卒もOKですが労働可能なビザを取得していると有利です。

パソナグローバル
パソナグローバルはアメリカだけでなくアジアも中心としたサービスを提供、正社員就活むけで現地情報も豊富です。キャリアアドバイザが支援してくれるので海外が初めてという方でも安心して登録できるはずです。ビザ取得前でも登録できます。

WORK USA
WORK USAはアメリカ就活に心強い見方です。有料サービスですので申込時と、紹介費用がかかります。そのため強固なサポートがメリットです。就労ビザの取得のためのサポートもお任せできます。(必ずしも取得できるとは限りませんが)

 

アメリカ就活の手段は様々、自分のビジョンと合わせて

上記紹介の通り、アメリカ就活と言っても様々なスタンスがあります。

日系企業が良いのか、米系企業が良いのか、働けるビザを持ってるのか、駐在員として安心して渡航したほうが良いのか。

数年後のビジネスにおけるご自身のキャリアとビジョンを明確にして、就活先を決めるようにしていけると良いでしょう。

在アメリカ日系企業では日本での実務経験が問われることが多い

アメリカでは、特に日系企業で働こうと思った時には日本での実務経験があるかどうかがよく問われます。

新卒の方でしたらもちろん経験はないかと思いますが、アメリカの場合には学生の時から実務経験を積む制度が設けられているため、ほとんどの方が新卒であってもすでにいろいろな経験をしていたりするのです。

日系企業で働く場合には、アメリカ人だけではなく日本人も相手にしますから正しいビジネスマナーを身につけているのかどうかが非常に大切なポイントになってくるのです。

丁寧な日本語だけではなく、もちろん丁寧な英語をしゃべれるかどうか、読み書きが正しくできるか、といったような英語力に関することだけではなく、一般的な常識のある態度で仕事に臨むことができるのかどうか、もポイントとして見られます。

アメリカでしか仕事をしたことがない日本人の場合には、なかなか日本のビジネスマナーを知らなくて、日本人とやりとりしたときにちょっと困ってしまうこともあるかもしれません。

そのため、すでに日本できちんとビジネスマンとして働いていると、アメリカの日系企業では優遇される傾向にあるのです。

日本のマナーは世界の中でもとても優れていますから、日本のビジネスマナーが身についている人であればアメリカでのビジネスマナーについても特に問題はなくすぐに順応できると考えられていることも挙げられます。

参考:http://アメリカ就職navi.com