アメリカの上司と部下の関係、気にいる人もいるでしょう

日本の会社ですと、上司と部下の関係というと、とても厳しい間柄であるのが一般的なのかもしれません。

もちろん、同じ仲間としてワイワイ楽しく仕事をしている会社もありますが、ほとんどの場合が、上司が部下を見張っているような感じだったり、部下は「何かミスをしてはいけない…」というプレッシャーを感じることも多いかと思います。

アメリカの上司と部下の関係というと、こうした日本の会社とはまた違った感じだったりもするのです。

たとえば、日本の場合、上司が部下に仕事を与えたとしたら、それを完璧に100パーセントの状態に仕上げるまで一人で黙々と作業をする方が多いでしょう。

もし分からないことなどがあったりしても、なんとかして一人でクリアしていこうとしてしまいがちです。なかなか上司と部下が直接的に密接にやり取りをする感覚が無いのかもしれません。

ただし、アメリカの場合には部下が一人で頑張っていると、逆になんのフィードバックを求めてこなければ、逆に上司は不思議に思ってしまったりもします。

どのようなことであっても、何でも気軽に話し合える関係が当たり前だという考えをもっていた方が良いでしょう。

アメリカに転職をする場合には、今までの日本の習慣などとは違ってちょっと戸惑うこともあるかもしれませんが、こうしたアメリカでの上司と部下との関係に慣れていくと、そのほうが非常に居心地が良いと感じる方も多いのです。

SNSでもご購読できます。