在アメリカ日系企業では日本での実務経験が問われることが多い

アメリカでは、特に日系企業で働こうと思った時には日本での実務経験があるかどうかがよく問われます。

新卒の方でしたらもちろん経験はないかと思いますが、アメリカの場合には学生の時から実務経験を積む制度が設けられているため、ほとんどの方が新卒であってもすでにいろいろな経験をしていたりするのです。

日系企業で働く場合には、アメリカ人だけではなく日本人も相手にしますから正しいビジネスマナーを身につけているのかどうかが非常に大切なポイントになってくるのです。

丁寧な日本語だけではなく、もちろん丁寧な英語をしゃべれるかどうか、読み書きが正しくできるか、といったような英語力に関することだけではなく、一般的な常識のある態度で仕事に臨むことができるのかどうか、もポイントとして見られます。

アメリカでしか仕事をしたことがない日本人の場合には、なかなか日本のビジネスマナーを知らなくて、日本人とやりとりしたときにちょっと困ってしまうこともあるかもしれません。

そのため、すでに日本できちんとビジネスマンとして働いていると、アメリカの日系企業では優遇される傾向にあるのです。

日本のマナーは世界の中でもとても優れていますから、日本のビジネスマナーが身についている人であればアメリカでのビジネスマナーについても特に問題はなくすぐに順応できると考えられていることも挙げられます。

参考:http://アメリカ就職navi.com

SNSでもご購読できます。