アメリカでの派遣社員という働き方とは

日本では、正社員の雇用形態以外にも、近年では派遣社員の雇用形態で働いている方が非常に増えてきています。

派遣社員と正社員はどのような違いがあるのか、明確に分からない方もいらっしゃることでしょう。

アメリカに行って仕事をする場合にも、たとえば日本にある企業が雇用主となって派遣社員としてアメリカに出向するケースもあるのです。

また、アメリカにも人材派遣会社はたくさんありますから、実際に働き先の企業で雇われるのではなく、派遣会社に登録した上でその企業に派遣されて仕事をする形態もあるのです。

派遣社員では、イメージ的にはアルバイトやパートタイマーなどと同じような雇用形態なイメージを抱いている方も多いでしょう。

ただし、決してアルバイトやパートタイマーのようにフルタイムで仕事をしているわけではない方を指す言葉ではないのです。

派遣社員は、実際に働いている企業に直接雇われている方と同様にフルタイムで働いてる人もいれば、一日数時間だけ、のようにパートタイマーとして働いている方もいます。

正社員と異なるのは、雇用先がどこなのかです。

そのため、派遣社員は、実際に働いている先で直接雇用されているわけではなく、派遣会社などを通して派遣されている方のことを指しているのです。

ですから、同じような仕事をしている社員だとしても雇用主によってお給料など待遇面の違いが出てくることもあります。

アメリカへ就職転職で仕事をするのに有利な資格は?

アメリカで就職や転職を考えているのであれば、ただ単に英語が得意だけではなかなか思ったように働き先が見つからないものです。

基本的に英語がしゃべれて当たり前がスタートラインとなりますから、その他に専門的な知識、スキル、そして資格を持っている方が優遇されるのです。

たとえ、英語のレベル的にはそんなに高くなかったとしても、専門的な資格を持っていれば語学力は大きなハンデにはならなかったりもします。

ですから、資格を持っていれば就職に強いのは、日本国内での話だけではなく、アメリカで仕事をする際にも同じことが言えるのです。

特に最近では、会計関連の資格を持っている人がアメリカでの就職や転職にとても有利に働くようになってきています。

企業の会計監査役がたくさん必要になってきているので、日本人で会計関連の仕事ができる方の需要が高まっているのです。

もし、英語力がパーフェクトではないとしても、こういった資格を持っていて、さらにコミニケーション能力が優れている方でしたら、割と早い段階でアメリカでの就職先が見つかるはずです。

これから会計関連の勉強をする、或いは今勉強中の方も、まずは学位や資格を取得して、そして何年か日本でも実務経験を積んだ後にアメリカに渡るキャリアプランを立てていくのも良いでしょう。

どのような資格を持っていれば優遇されるのかは、アメリカの情勢などによっても変わってきますから、そのチャンスを逃さないようにしたいものです。