アメリカでも年齢によって給料などの待遇は異なる?

日本では年功序列という言葉もありますから、転職をする際にも年齢が高ければ、それだけ経験があるように思われることもあります。もちろん、持っている知識やスキル、資格、といったことも考慮はされますが、その中の一つとして年齢も加味されたりもするのです。

しかし、アメリカでは人材を採用する際には年齢を必要条件として加えていませんし、さらに面接の場においても年齢に関する質問をするのはNG項目として当然のこととして捉えられます。

年齢によってどのような人材なのかを決めるのではなく、その人が持っているスキルや経験を特に重視するのです。

そのため、経営者や幹部が非常に若かったり、その他の社員が若い場合でも、その部下として働く中途採用の人が年齢が上だというケースも決して珍しいことではないのです。実際にその本人を採用するまでは、正確な年齢が分からないためです。

ただし、アメリカ人の感覚としても管理職に就いている方などから見ると、あまりにも年上の部下だと、他の社員など周囲とのバランスがとれないのでは…という心配をすることもあります。

そうした場合であっても、年齢が高いからその分高いポジションに就かせたり、高い給料を支払うといったようなことはありません。

その企業にとって、そしてポジションにいちばん適している人材を積極的に使いたいことがうかがいしれます。

ですから、年齢が上がってからアメリカでの転職を考えることも可能ではありますが、大切なのは今までどのような結果を残してきたのかなのです。

アメリカの会社では残業は全くないのか?!

海外の方からみると、日本人は働き過ぎな印象があります。

特に残業について日本人からしたら毎日何時間も残業は当たり前だったり、自分に与えられている仕事は終わっていたとしても上司がまだ会社にいるうちはなかなか帰りづらい、といった場合もあるでしょう。

こうした日本では当たり前の残業も、アメリカの企業に勤めだすとまったく習慣が違うことに気付かされることも多いのです。

ただし、だからといってアメリカの会社では残業がまったくもってゼロであるかというと、決してそうではありません。

もちろん、仕事の期日が迫っていたりすれば残業をすることもありますから、そういったときに一人で帰ってしまうことはNGです。

また、いつも自分自身は定時で帰っているけれども、上司はまだオフィスに残っている場合、アメリカ人でもちょっと気が引ける感覚はあるようですが、だからといって気を使って残ったりしないのがアメリカ人っぽいと言えるのではないでしょうか。

アメリカの企業では、いかに長時間勤務をしているかどうかが大切ではなく、どれだけ高いクオリティーの仕事をすることが出来て結果を出せたのか、ということが非常に重要なこととして捉えられます。

なので、毎日定時までは一生懸命仕事をしていれば、その後定時を迎えてからそのまますぐに帰宅しても、それが当たり前なのです。

仕事が終わってから上司に無理やり一杯付き合わされる…なんてこともアメリカではあまり無い光景だったりもします。